ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

wing2019

大一般社団法人日々木の森十和田市障がい者支援施設http://www.nouenhibiki.com/地域社会における共育・共働・共生の実現を目指しています障がいを持つ方が農業の担い手になり、水田や畑で働く“農福連携”が注目される中、『農園カフェ日々木』では“農福と食の連携”にこだわり、野菜ソムリエが考案する、安心で安全な旬の野菜を使った季節メニューやスイーツの提供を行なっています。一般社団法人「日々木の森」では障がいを持つ成人を対象とした就労継続支援A・B型事業所と就学児童を対象とした放課後等デイサービス事業所を運営しています。『農園カフェ日々木』(A型)と『すいーつ工房』(B型)では、障がいを持つ方に就労の機会を提供し、就労が継続できるように様々な支援を行っています。ディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を目指して、利用するひとりひとりに必要な仕事や働き方を共に考え、教え合い、学び合えるような環境づくりに努めるとともに、ひとりひとりが求めるステップアップや一般企業への就職に繋げていけるよう取り組んでいます。放課後等デイサービス『てみる』では、1様々な活動にチャレンジする、2食べる楽しさを知る、3社会のルールやマナーを身につけ、働く大切さを知る、を目標に、参加してみる、ひとりでやってみる、みんなと一緒にやってみる、食べ物に興味もってみる、などのたくさんの『てみる』を保護者はもちろん、学校や関係機関、地域の方々の協力を得て提供し、子どもたちが住み慣れた地域ですくすくと、のびのびと育っていけるよう取り組んでいます。発達の遅れがみられたり、不安や心配のあるお子さんを対象に放課後等デイーサービス事業『てみる』も行っています。先輩からのメッセージ平成22年4月入社主任支援員大久保直子私は、就労継続支援A型で、利用者の就労支援を行っています。就労継続支援事業所とは、通常の事業所に雇用されることが困難な障害を持つ方に就労の機会の提供を通じて、その知識及び能力の向上のために必要な訓練を行う場です。その支援員として、利用される方の人権を尊重するのはもちろん、利用者に対して公平に接し、個別性に最大限の配慮をした的確な援助を心掛けています。支援員として必要とされる、コミュニケーション能力・観察力・冷静な判断力・体力、また常に向上心を持って取り組むよう日々努力しています。そして、利用する側、支援する側が同じ目標に向かっていきます。利用する側が安心して支援を受けられるよう、信頼される職員でありたいと思っています。企業概要設立2010年4月資本金300万円代表者代表理事立崎文江従業員数24名(うち女性21名)事業内容・就労継続支援A・B型事業所カフェ経営『農園カフェ日々木』、製菓製造業『すいーつ工房』・放課後等デイサービス事業『てみる』待遇と勤務(2017年度実績)初任給145,000円(資格要件あり)諸手当通勤手当、資格手当昇給あり賞与年3回(一時金として)勤務地十和田市勤務時間8:30~17:30休日週2日(シフト制)休暇夏季、年末年始福利厚生健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険完備募集要項採用予定人数募集職種採用学歴採用種別提出書類1名支援員大学卒新卒・既卒履歴書、誓約書一般社団法人日々木の森〒034-0041十和田市大字相坂字高見147-89Tel:0176-27-6626担当/立崎文江E-mail hibikinomori@dune.ocn.ne.jp■放課後等ディサービスてみる/〒034-0001十和田市大字三本木字東小稲174-297TEL 0176-23-233354